アルバイトの服装アルバイトの面接にどんな服を着ていったらいいか、初めてだとわからなくて困ってしまいますよね。服装や身だしなみは面接官に意外と見られているので、気を抜かずにきちんとしておきたいものです。今回は、アルバイトの面接に相応しい服装についてご紹介しましょう。ポイントをしっかり頭に入れて、当日までに抜かりなく準備してくださいね。

私服?それともスーツ?

だいたいのアルバイトの面接の場合、私服で大丈夫です。とはいえ、塾講師やオフィスワークなどスーツ着用が義務となっている仕事の場合はスーツで面接に臨みましょう。高校生の場合は、男女ともに制服が無難です。とはいえ、制服を着崩して着ていると印象が悪いので、きちんと着こなすようにしましょう。

バイトの面接に相応しい服装・身だしなみ 男性編

男性の場合、ジャケット・シャツ・コットンパンツ・革靴など、きれいめカジュアルファッションがおすすめです。よれよれのシャツやダメージジーンズなど、清潔感のない服装はマイナスポイントです。爪にゴミが溜まっていたり、髪がボサボサだったり、無精髭が伸びっぱなしになっていたりするのもNGです。特に飲食系のアルバイトは清潔感を重視されるので気をつけましょう。

バイトの面接に相応しい服装・身だしなみ 女性編

女性の場合はブラウスやニット、丈の短すぎないスカートやワンピース、コットンパンツ、靴には高すぎないパンプスやローファーがおすすめです。清潔感ときちんと感を意識した服装を心がけてください。ピアスやネックレスなどのアクセサリーは付けないか、控えめなデザインのものを選びましょう。飲食店の面接の場合は、髪が長い場合には結ぶようにすると好印象です。また、仕事によっては染めた髪がNGのところもあるので事前にちゃんと確認しておき、場合によっては面接までに髪を黒く染め直しましょう。

お祝い金が貰えるオススメバイト情報はこちら
https://baito-oiwaikin.com

バイトの面接にNGな服装

男女共に、だらしなく見えたり派手すぎたりする服装はNGです。また、季節感のない服装もTPOをわきまえていないように見えるので避けましょう。女性の場合は、胸元が大きく開いた服やミニスカートなど、露出の多い服装は品がなく見えてしまうので避けたほうが無難です。

まとめ

服装や身だしなみも採用・不採用の重要な判断材料になるので、面接に臨む際にはぜひとも完璧にしておきたいものです。「人は見た目じゃない」とは言いますが、知らない人を判断する際に見た目は大きな情報になるので、ぜひ良い印象を与えられるように気を配りましょう。